FC2ブログ

建設業など各種許認可・遺言相続手続・在留資格(ビザ)や帰化に関する業務情報

兵庫(神戸)・大阪・近畿圏で活動する行政書士の、建設業(経審)・宅建業免許・産廃収集運搬業・その他の各種許認可、入国在留審査・各種ビザ・その他外国人に関する手続、各種法人設立、遺言相続に関する手続など、行政書士業務に関する情報を提供します。

古物営業許可 

 「古物」とは、一度使用した物、あるいは使用されていない物でも使用目的のために取り引きされた物を言います。具体的には、中古車やリサイクル品をはじめ、美術工芸品、骨董品から金券チケット、その他が含まれます。
 この「古物」を売買交換する、または他人から委託されて売買交換するためには古物営業法により都道府県公安委員会の許可(古物営業の許可)を得る必要があります。この許可は、営業所がある都道府県ごとに必要となります。許可を受けないで営業した場合、違法行為として罰せられることがあります。古物商の許可は、利益を出す目的で古物を仕入れ、これを売る場合に必要なものですから、不要になった物を個人がフリーマーケットで売るだけのときは、ほとんどの場合、許可は必要ありません。
 私の所属する行政書士神戸移民法務事務所でも、古物営業許可のご相談・申請のお手伝いを承っております。お気軽にご相談ください。

 手続サポートの詳細・費用についてはご相談ください。お問合わせ・ご質問フォームからメールをいただければ、初回のみ無料にて返信させていただきます。

←ランキングに参加しています。応援していただける方はクリックお願いします。
スポンサーサイト



( 2008/09/25 12:52 ) Category 各種許認可 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

gyouseikawano

Author:gyouseikawano
河 野 聡(かわのさとし)

行政書士大阪移民法務事務所所属・入国在留審査関係申請取次行政書士

在留資格(VISA・ビザ)・帰化手続サポートセンター【兵庫(神戸)・大阪・京都・近畿】←是非こちらもご覧ください。

行政書士試験・公務員試験講座講師
行政書士・公務員試験短期合格支援ブログ←是非こちらもご覧ください。

行政書士神戸移民法務事務所←これまで所属していた事務所のサイトです。是非ご覧ください。

お問合わせ・ご質問はこちらから
業務に関するお問合わせ・ご質問はこちらからどうぞ。初回のみ無料にて返信させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター