FC2ブログ

建設業など各種許認可・遺言相続手続・在留資格(ビザ)や帰化に関する業務情報

兵庫(神戸)・大阪・近畿圏で活動する行政書士の、建設業(経審)・宅建業免許・産廃収集運搬業・その他の各種許認可、入国在留審査・各種ビザ・その他外国人に関する手続、各種法人設立、遺言相続に関する手続など、行政書士業務に関する情報を提供します。

任意後見制度 神戸・大阪 

 任意後見制度とは、将来、認知症などで判断能力が低下することなどを考え、本人に判断能力があるうちに信頼する人と後見契約を結んでおく制度です。そうすることで、判断能力が低下した後、任意後見人が本人を代理して法律行為を行うことにより、本人の意思に従った保護・支援が可能になります。家庭裁判所により選任される任意後見監督人が、任意後見人の職務を監督しますので、安心して利用できる制度になっています。
 信頼できる受任者と委任事項(代理権を与える内容)を決めて、公証役場で公正証書により契約を締結します。契約ですから、解除(取りやめ)することも可能です。
 受任者は、未成年であるなど法律で定められた一定の欠格事由に該当しなければ、ご家族、親戚の方でもなることができます。行政書士も任意後見契約業務を扱っています。
 権限以上の事はしてほしくない、判断能力が落ちても正気に戻っているときにした判断を取り消してほしくない、後見人を自分で選びたい、とお考えの方に向いている制度です。また、通常の事務委任契約と同時に締結しておくことで、判断能力が衰える以前から、法的サポートを頼めることなどが利点です。
 私の所属する行政書士神戸移民法務事務所でも、任意成年後見制度についてのご相談・後見人の受任を承っております。近畿圏にかぎらず、遠方の方へのサポート体制も整えております。まずはお気軽にご相談ください。

←ランキングに参加しています。応援していただける方はクリックお願いします。
スポンサーサイト



( 2008/10/06 16:24 ) Category 成年後見制度 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

gyouseikawano

Author:gyouseikawano
河 野 聡(かわのさとし)

行政書士大阪移民法務事務所所属・入国在留審査関係申請取次行政書士

在留資格(VISA・ビザ)・帰化手続サポートセンター【兵庫(神戸)・大阪・京都・近畿】←是非こちらもご覧ください。

行政書士試験・公務員試験講座講師
行政書士・公務員試験短期合格支援ブログ←是非こちらもご覧ください。

行政書士神戸移民法務事務所←これまで所属していた事務所のサイトです。是非ご覧ください。

お問合わせ・ご質問はこちらから
業務に関するお問合わせ・ご質問はこちらからどうぞ。初回のみ無料にて返信させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター