FC2ブログ

建設業など各種許認可・遺言相続手続・在留資格(ビザ)や帰化に関する業務情報

兵庫(神戸)・大阪・近畿圏で活動する行政書士の、建設業(経審)・宅建業免許・産廃収集運搬業・その他の各種許認可、入国在留審査・各種ビザ・その他外国人に関する手続、各種法人設立、遺言相続に関する手続など、行政書士業務に関する情報を提供します。

在留資格認定証明書・交付申請 兵庫(神戸)・大阪・近畿圏での申請取次ぎ 

 在留資格認定証明書とは、日本に入国しようとする外国人について、入国目的が入管法に定める在留資格のいずれかに該当していることを、地方入国管理局長があらかじめ認定したことを証明した文書のことです。在留資格認定証明書を取得してからビザ申請をすると短期間でビザ取得ができますし、上陸申請の際に提出することで上陸審査がスム-ズに行われることになります。
 在留資格認定証明書の交付は、就職予定先の雇用主や日本人配偶者など、日本にいる関係者が本人に代って地方入国管理局に申請できます。これが在留資格認定証明書交付申請です。

 私の所属する行政書士神戸移民法務事務所でも、これまでの豊富な経験に基づき、兵庫(神戸)・大阪・近畿圏において在留資格認定証明書の交付申請をしようとお考えの方に対して、申請の取次ぎおよびサポートをおこなっております。それ以外の地域の方であっても、提携事務所のご紹介をはじめ、ご相談の上で出来る限りのサポートをさせていただきます。

当ブログの問合わせフォームからご相談いただければ、初回の相談のみ無料にて返信させていただきます。お気軽にお問合わせください。 

 なお,在留資格「短期滞在」については,この制度の対象とはなっていません。

入国手続き
1. 就職予定先の雇用主や日本人配偶者など、日本にいる関係者が本人に代って地方入国管理局に在留資格認定証明書の交付を申請
2. 地方入国管理局が申請内容を審査後、証明書交付の可否を申請者に通知。
3. 証明書の交付を受けた申請人が外国人にその証明書を送付
4. 証明書を受け取った外国人が在外公館にビザを申請
5. 在外公館が申請内容を審査後、ビザを発給
6. 外国人がパスポートと在留資格認定証明書を持って来日し、空港・港等で入国審査を受け、入国審査をパスすると在留資格を与えられば日本への入国が可能

  人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ランキングに参加しています。それぞれ応援クリックをお願い致します。
スポンサーサイト



( 2008/11/11 12:45 ) Category 入管手続き | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

gyouseikawano

Author:gyouseikawano
河 野 聡(かわのさとし)

行政書士大阪移民法務事務所所属・入国在留審査関係申請取次行政書士

在留資格(VISA・ビザ)・帰化手続サポートセンター【兵庫(神戸)・大阪・京都・近畿】←是非こちらもご覧ください。

行政書士試験・公務員試験講座講師
行政書士・公務員試験短期合格支援ブログ←是非こちらもご覧ください。

行政書士神戸移民法務事務所←これまで所属していた事務所のサイトです。是非ご覧ください。

お問合わせ・ご質問はこちらから
業務に関するお問合わせ・ご質問はこちらからどうぞ。初回のみ無料にて返信させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター