FC2ブログ

建設業など各種許認可・遺言相続手続・在留資格(ビザ)や帰化に関する業務情報

兵庫(神戸)・大阪・近畿圏で活動する行政書士の、建設業(経審)・宅建業免許・産廃収集運搬業・その他の各種許認可、入国在留審査・各種ビザ・その他外国人に関する手続、各種法人設立、遺言相続に関する手続など、行政書士業務に関する情報を提供します。

建設業許可の有効期間と更新手続 

建設業許可の有効期限は5年ですので、引続き営業する場合には5年毎に更新手続きをする必要があります。

←ランキングに参加しています。応援していただける方はクリックお願いします。
( 2008/08/22 14:36 ) Category 建設業許可 | トラックバック(-) | コメント(-)

一般建設業許可と特定建設業許可 

 一般建設業許可と特定建設業許可という区別もあります。
 軽微な工事のみを営業としておこなう場合を除き、元請・下請にかかわらず建設業を営むものが取得しなければならないのが一般建設業許可です。
 一方、元請として発注者から請け負った工事につき、一定金額以上の工事を下請けに発注する建設業者が取得しなければならない許可が特定建設業許可です。

←ランキングに参加しています。応援していただける方はクリックお願いします。
( 2008/08/20 00:47 ) Category 建設業許可 | トラックバック(-) | コメント(-)

知事許可と大臣許可 

 建設業許可には、知事許可と大臣許可という区別もあります。
 ひとつの都道府県内にのみ営業所をおいている場合の許可が知事許可で、複数の都道府県にまたがって営業所をおいている場合の許可が大臣許可、ということになります。

←ランキングに参加しています。応援していただける方はクリックお願いします。
( 2008/08/19 17:59 ) Category 建設業許可 | トラックバック(-) | コメント(-)

建設業許可申請 

 多くの行政書士が取扱っている業務に建設業許可の申請があります。
 建設業法により、建設業を営むものは、国土交通大臣または都道府県知事の許可を受けなければならないとされています。ただし、軽微な建設工事のみを請け負うことを営業とするものは、この限りではありません。建設業許可は、建設工事の種類により28業種に区別されています。
 そして、建設業許可の申請手続等を本人の代わりに(業として)できるのは、行政書士会に入会している行政書士だけ、ということになっています。

 手続サポートの詳細・費用についてはご相談ください。お問合わせ・ご質問フォームからメールをいただければ、初回のみ無料にて返信させていただきます。

←ランキングに参加しています。応援していただける方はクリックお願いします。
( 2008/08/19 17:53 ) Category 建設業許可 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

gyouseikawano

Author:gyouseikawano
河 野 聡(かわのさとし)

行政書士大阪移民法務事務所所属・入国在留審査関係申請取次行政書士

在留資格(VISA・ビザ)・帰化手続サポートセンター【兵庫(神戸)・大阪・京都・近畿】←是非こちらもご覧ください。

行政書士試験・公務員試験講座講師
行政書士・公務員試験短期合格支援ブログ←是非こちらもご覧ください。

行政書士神戸移民法務事務所←これまで所属していた事務所のサイトです。是非ご覧ください。

お問合わせ・ご質問はこちらから
業務に関するお問合わせ・ご質問はこちらからどうぞ。初回のみ無料にて返信させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター